RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ライオン丸放浪記

熊本出身、京都で学生生活のち、2010年4月より東京へ乗り込んだ呑んべえの日記
ゆで卵とホッピー
 ゆで卵が好きだ。抜群にガチガチに茹でたやつが。

一年ほど前から固ゆで卵を肴にする習慣が身についてきた。
トレンド、メディアに疎い私は(広告代理店に勤めているのでテレビを買おうか検討中)坂東英次が大の固ゆで卵好きとは露知らず、ある日彼が出ている番組で知ったのであった。

それまでは半熟卵や燻製卵が好きだったがいざ試してみると、これがうまい、病み付きになる。
今も食べている。

私は高校三年生の頃から尿酸値を抑える薬を飲んでいる。
尿酸を生成するプリン体は大抵美味しいものに含まれている。干物、魚卵、ホルモン、ビール、、、
しかし私は魚卵アレルギーであり、鶏卵に関してはプリン体が少ないらしい。
つまり私がどうしても卵を食べたいときには、鶏卵という選択肢しか残されていない。

神様は何たるアレルギー症状という至極の体質をを私に下さったのであろうか。
安っいただのゆで卵は私にとって最高の贅沢である。いくらや明太子はみるだけで吐き気がする。

またプリン体の多いビールは飲めない私にとって、東京のスーパーにはざらにあるホッピーは嬉しいものであった。プリン体ゼロ、低カロリー。今も飲んでいる。

週末恵比寿のエビスビール工場に行こうかと考えていた。しかし、我が心のホッピー工場見学に変更することにした。
| | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大丈夫…か?
 ブラックアウトこの言葉をご存知の方はいらっしゃるであろうか。
ブラックアウト=バタンキューである。いわゆる酒による陶酔のままつぶれることである。

私は学生生活において特に昨年の年末から今年の三月までブラックアウトしっぱなしであった。

昼酒は控えるとともに我慢できたものであるから、アルコール依存症ではない。…と言い切りたい。
がしかし、久しぶりに一日に二、三杯の酒量に減らしてみようかと試みたところ、突如私を不眠症が襲ったのである。

私は普通なら(酒を飲むコンディション万端、酒を恋焦がれるというモチベーション)ならば大抵芋焼酎を半升位呑む。弱いのか強いのかわからないが、とりあえずつぶれるまで呑む。

しかし、そこで二、三杯に押さえてベッドに向かうとどうしても眠れなかったり、悪夢を見たりする。
だから結局無駄な努力だと思いそのような微細な努力をいつもやめてしまう。

しかこのままだと本当にアルコール依存症になりかねない。ということでアルコール依存症と不眠症を調べてみると、、、
「飲み続ければ不眠を回避できるかという事になりますが、残念ながら耐性という現象が出現するかぎり、以前より飲酒量を増さなければ不眠が出現します。量を増やせばしばらくは眠れますが、耐性が出現して不眠が出現します。このように、アルコールの量を増やすと、不眠のイタチゴッコをずっと続けることは不可能となり、飲んでいてもいつも不眠症という事態がいつかは生じることになります」とか「薬物療法として、睡眠薬、精神安定薬、抗うつ薬を投与すると同時に、精神療法も重要になります」ということがざらに出てくる。
つまり私は精神化医療を受ける並にアルコールに依存しているらしい。。

ということで薬、精神医療以外で私を救う術を教えていただいた方には、心のそこからお詫び申し上げます。



| | 22:42 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
千べろ
 千べろという言葉をご存知であろうか?
故中島らも氏が発祥と言われているらしいが、千円でべろべろになれるという意味らしい。
私はその言葉に固執している彼らとは違うのだが、、、、
私自身としては、表現の差こそあれ「安酒大酔」という表現をしていた。ジャズ研の部長Y氏はわかるよな。

そこで今後「安酒大酔」の記事をUPしていこうと思う。安い酒と肴で酔っ払える店を紹介していこうという訳だ。お暇な諸君からのおすすめ「安酒大酔スポット」も募る。

ちなみに私はアル中の気もあり、毎晩自宅で深酒バタンキューである。故「安酒大酔」である。
このように(?)、自宅でのお勧め酔い方も募集する。

たくさんの同士が募ったら飲み会でもしたい所存でありまする。

是非是非。
| | 23:03 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |