RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ライオン丸放浪記

熊本出身、京都で学生生活のち、2010年4月より東京へ乗り込んだ呑んべえの日記
弁当男子でない、ただのビンボー男子
 入社して早1.5ヶ月。
初任給が入ったもののカードの高額請求。
さすがは日本の首都東京。神保町なり下町でむだに古本買いすぎる。
東京へ乗り込みテンション上がっての飲み歩きすぎ。

そんなこんなの理由で私は日々自炊している。もちろんお昼はお弁当持参。
夜はHUB(スポーツパブ)のハッピーアワーで一杯のみ(ジントニックジャンボサイズ260円!)。

この生活は私にとって学生時代を上回る倹約っぷりだ。
ここ三日で1000円程しか使っていない。
どうやら私が以前から実行してきた「万が一ホームレスになったときに備え、昼におにぎりのみ、夜はほんのわずかなアテのみ」という鍛錬による、胃袋収縮生活が功を奏しているようである。

まあ、一度お試しアレ。意外とすぐに効果が出ますから。

それは置いといて、冒頭のテーマにあるように「弁当男子」という言葉が嫌いだ。
今トレンドなワードであり、何となくこじゃれた感じがする。
メディアはいかなる事象もこうやって世論をあおりたて面白がる。

私のように自業自得な人間にとっては、ぶっちゃけ関係することではないが、純粋に親が病気であり、親父は家庭を見捨て、女に金を騙し取られ、軟弱な見てくれのため恐喝に会うような、純朴な少年。というような神様にも見放されたような彼にとっては甚だ不合理な言葉ではないだろうか。

まあ、ここまでの男は稀だとは思うが、少なくともこのメディアによる現象を抽象化して一部の人に不快感を与えるような表現は謹んで欲しい。
| 料理 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |