RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ライオン丸放浪記

熊本出身、京都で学生生活のち、2010年4月より東京へ乗り込んだ呑んべえの日記
<< ライオン丸始動! | main | トリッパーズ決意表明 >>
TOKYO新人ライフ
 第一稿目のブログは新入社員研修についてである。
インフラがやっと整ったところであり、日記を手書きにしていた日々の記事は後日UPさせていただきます。

漠然とサラリーマンとはテレビに見る新橋駅前の方々をイメージしていたがそうでもないようである。
昨日はマナー研修というものがあった。スーツの着方、名刺納渡し方にしろ、刷り込み型教育というものは社会人になっても蔓延っているもののようである。そこで本日上司に相談してみた。
なんせ、私は社会人としての身だしなみチェックで、周りが9割方合格にもかかわらず20点ほどしか点数が稼げなかったからである。
しかし上司に聞くと髪形も名刺の渡し方もあっさり適当にということであった。安心した。

その研修中に講師がバンクーバーオリンピックのコクボ選手の身だしなみについてひはんしていた。
話の中で「日本人として、、云々」をぬかしておられたが、当の本人のパラドクスにいささか非難の目をむけた。
例えばとんかつというのは日本人がウィーンのヴィーナーシュニッツェルからソースをつけ、キャベツを沿え考案したものであるらしい。また創作和風料理なるものは日本人が鎖国を経たのに関わらず、明治維新により急速に西洋文化を浸透させたように、その源は日本人の柔軟性にある。

それであったら、究極のクールビズは浴衣であってもいいんじゃない?コクボ選手の着崩し方はいいんじゃない?と妄想してみる。

話し変わって(HK)本日は新入社員ののみかいであった、コール、女子トーク、ノリ、ツッコミ。。。
いかんせん私は京都で若者のいない立ち飲み屋で育ち、君の精神年齢は40歳だと言われるほど退化しているので、どうも新入社員の飲み会の席は苦手である。

早く東京ライフに慣れる前に若者と交流できるようになりたい。
| 雑学 | 22:06 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
simakoです。近々あばれ豆腐しましょう
| da_sima | 2010/04/26 4:19 PM |










http://lion-maru.atha.jp/trackback/125644