RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ライオン丸放浪記

熊本出身、京都で学生生活のち、2010年4月より東京へ乗り込んだ呑んべえの日記
<< 我が心の京都 | main | GW日記 >>
お袋の味
 お袋の味って何?と他人に聞くと千差万別の答が返ってきて面白い。
私の場合、ポテトサラダ、肉じゃが、カレー、コロッケ等何故かしらジャガイモの入っているものが多い。
ある日母にこのことを告げた。その答は、「だって安上がりだし、お腹が一杯になるじゃない。だから家ではじゃがいも料理が多いのよ。」ということであった。なるほど、確かに。

そんな私はスーパーに行く度に「ポテトサラダ安くなってないかなー」とお店を徘徊する。
そんなあるときポテサラが割引になっていたため、購入してみた。
醤油と七味をたらし頂くのが最近のやり方となっておりそのようにして食べてみた。
しかし、期待に反して甘すぎたり、マヨネーズでじゅくじゅくだったりする。
私にとってポテサラとはまったりとした噛み応えであり胡椒がきいているものだ。

どうやらじゃがいも家庭に育った私は損しているかもしれないと感じた。
お惣菜コーナーにはやはりジャガイモ関連の商品が充実している。
だが、私の味覚にはジャガイモ=家庭の味というフィルターがある。

結論を書きたいが酔っ払ってきたので省略させていただく。
こんな記事を書いた理由は、最近住み始めた町に老舗であるがすごく不味い店がある。
しかし、二三度行ってしまう店がある。
品質、サービスを超えた何かがあるからだ。
明日はそこで腹ごしらえでもしようかな。
| 雑学 | 23:12 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
お袋の味を未だにぬくぬく食べれているボクは幸せ者だと感じました。
| TSUKASA | 2010/04/29 12:47 AM |










http://lion-maru.atha.jp/trackback/125649