RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ライオン丸放浪記

熊本出身、京都で学生生活のち、2010年4月より東京へ乗り込んだ呑んべえの日記
最愛の恋人が京都からはるばる一週間もかけてはるばる、東京へ
 ついに、我が恋人が東京へやってきた。
その名を”MARIE”という。夜には「まりえ」と名を変える。

先週末、祇園祭りの神輿を担ぎにわざわざ京都へ帰り(おいらは根っからの祭り好き)、チケットを手配してやり、昨日我が家へたどり着いた。

少しお尻が緩んでいやがったので、新しい玉を突っ込んでやった。
調布までデートした、ばりばり元気とは言えず夏ばて気味だったが、おいらの愛撫の左手は止まることなく、彼女も息を切らすことなく、家路へ着いた。

少々我が家は二人住まいにはいただけない大きさなので、お庭で所狭しと休んでいる。
8月は一緒に小旅行へ出かける。一緒に避暑がてら北のほうまで赴く。

本日は、丑の日。
一周間ほど前から安い鰻を探していたが、なかなか見つからないし、手ごろな値段でもほとんどがたれでギトギトであり、買う気にもなれない。大好きな「うざく」を肴にしようと思っていたのに。

しかし、うなぎだけでなく頭文字に「う」が付くものであれば精力がつくという気休めの迷信があるらしい。
う、う、う、うり?、うど?、うさぎ?
わかんなかったから、とりあえず半額のたこを買い、ワカメとオロシで酢の物にした。
うます。夏ばて解消どころか、夏酒促進でいい気持ち。

まりえちゃんは雨で打たれて不機嫌顔。おいらはたこで赤ら顔。

今宵も呑んだくれる。
| ベスパ | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
中央線徘徊その1
 「生産的かつ文化的生活」を実践していくのが生活の糧となる。という信条の元、東京生活を営んでいく意気込みで上京した3月。
新生活が始まり意気揚々と、下町散歩や美術館に行ったりしていた4月。
早くも生活が怠慢になり、週末も家でだらだらググるか読書することしかしなくなった5,6月。

このままではいかんと思い、週末はつれづれなるままに中央線界隈を探索する日にしようと思い立った本日。

荻窪へ散歩しに行った。
荻窪は今までノーマークの駅であった。吉祥寺までは足を伸ばすものの荻窪で降りたことはまず無かった。
ネット情報ではアニメーション博物館たるものがあり、只今「ゲゲゲの鬼太郎」展覧会を行っているらしい。

いざ入ってみると、約9割がたは親子連れ。若いのは見た限り自分しかいなかった。
そんなこと気にせずファミリーたちに混じって「ゲゲゲの鬼太郎〜西洋妖怪来襲編〜」を見る。

その後、DVD鑑賞スペースに入る。棚にある好きなアニメを選んで無料で見れる。
ドラゴンボールや、コナン、スラムダンク、何でもある。
その中で俺は「ヤンシュバンクマイエル」を見つけてしまった。
東欧のシュールなアニメーション監督である。
内容はという人形が血だらけになったり、生首でお手玉したりとなかなかグロテスクであったりする。
途中で後ろから強烈な視線を感じる。男の子が凝視していた。

たぶん俺が子供だったら泣くかもしれないという映像まで出てくる。
いたたまれない気持ちを懐に抱えながらも「タダで見れるし、もうちょっと、もうちょっと」と思い1.5時間も粘った。
その子の親の教育方針次第では俺の存在は邪魔でしかなかったであろう。

そんなこんなで阿佐ヶ谷へ帰る。
来週は吉祥寺へ。高田渡の行きつけ「いせや」へ。マニアック本屋「バサラブックス」へ。。
| 中央線 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ワールドカップ
 先週からいよいよ待ちに待ったワールドカップが開幕した。

がしかし、我が家にはテレビがない。
スポーツバーHUBが会社の前にあるが予約でいっぱいだし、もし行けたとしても、終電を逃してします。初めて時差を悔やんだ。

そこで開幕戦は翌日が休日ということもあり、友達宅で観戦できた。
がこれまたしかし、昨日の日本戦は平日23:00キックオフ。
当日このままでは見逃してしまうと焦り、会社で朝からググる。

あった。阿佐ヶ谷でサッカー観戦できるバーが。
しかもその日だけはオールドリンク300円。
定時帰社。意気揚々と会社を後にし早めの22時過ぎに会場へ。

予想外に空いており、特等席を確保。普段はトリス位しか飲まないが、本日はジャックダニエルを注文できた。ジャックをたしなんでいるうちにあっという間に会場は満杯になり、ボルテージが上がる。

いよいよキックオフ。
中略。本田がゴール!
会場は熱気と興奮に包まれ後半戦を迎える。
日本が平凡なクリアをしただけで、会場は「パチパチ!」「イエーイ!」
この辺から私と会場の皆様との溝が段々深まってくる。

試合終了間際には「日本チャチャチャ、日本、チャチャチャ」の嵐。
後悔した。こういうみんなで「イエーイ」系はしばらくご無沙汰で全然入り込めない体質になってしまっていた。そのため非常に疲れた。
こういうパブリックスペースは会場一体となってみんなで盛り上がることが趣旨の一つでもあるのだ。単にテレビが無いからと言ってしゃあなしで来るところではない。
当たり前だ。僕が場違いだった。

試合終了のホイッスルと同時にみんなと喜びを分かち合うことも無く会場を出た。
週末にはビックカメラへ行こう。
| スポーツ | 20:35 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
ライオン丸は西の人間です

社会人3ヶ月目、特に疲れているわけではないのだが久しぶりの更新。

私は広告業界にいる身分であるので毎週あるお店での調査というものがある。
それが本日であった。内容というとその日にディスプレイされているものをメモするという簡単な内容だ。
そんで私の調査先は銀座。大通りの前で一服し調査へ向かい、喫茶店へ入ろうと歩いてたところ、ある女性に声をかけられる。
「あの〜すみません、先ほど通りで一服されていましたよね?」
別に逆ナンなど期待していない。単なるキャッチセールスであろうと耳を傾けると
「いつ髪を切りました?」などという会話。
これはチャンス、相手は美容師であり、カットモデルを探しており、もれなく私がカットモデルとしてタダでカットしてもらえるのだと思い話を聞く。
女性「いつ頃カットしました?」
私「一ヶ月前ほどです」
女性「もっと似合う髪形にしますよ。以前はどんな髪型で?」
私「くるくるのロン毛です」
女性「あ〜少し前にボブとか流行りましたもんね」
私「いやトレンドに興味なく、昭和のフォークシンガーとかが好きでして」
女性「あ〜だからそんなもっさいセットしているんですね」

あ、馬鹿にされてる。私はただセットというものが嫌いなだけなのだ。
そんでもって彼女のいとこが私の地元と一緒であることに彼女は興奮し、本来価格の半額でカット&パーマOKですよ。と私に言う。

しかし、私の頭には先ほどの「だからもっさいんですね」が頭から離れないためその場ではお断りした。

結論:先日たてがみを切りショートカットになりました。
この場を借りて言わせてください。
ライオン丸は社会人になって、たてがみ切ってライオンなんか捨てたよ、すっかり東の人間になったよ。と言わないで下さい。

| - | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お久しぶり!

本日は、京都から就活でやってきたしゃあなしで路地研「営業部長」職にしてやった後輩がはるばる東京へやってきたのでオフ会を開いた。
昨日は私H部長と、Y秘秘書と恵比寿工場見学のち一杯やったのだが、同じ店へ今日もやってきた。
本日は私とH部長、F営業部長といったメンツである。

F部長は本日最終面接であったらしい。
色々と最近の面接について話を聞いた。
いまだに、「親の職業」を訊かれたりするらしい面接がざらにあるらしい。
また、「喫煙しますか?」なんて質問も飛び交うという。
私だったら「はい、吸います。とりあえず灰皿はどこですか?」なんて発言するであろう。

いやしない、私は根っからのビビリである。

今日は疲れた。いや今日でなく二日前の会社のスポーツ大会の筋肉痛が今朝から激しい。
ついに私も筋肉痛が翌々日に来る体質になってしまったのであろうか。いや悲しい。

とりあえず色々書きたいのだが(毎回だけれども)、疲れた。
いや酔っ払った。

F部長の合格を祈りつつ筆、いやブラインドタッチをあとにする。

あ、ブラインドタッチはおろかキーボード見ていても同期で人一倍以上タイピングが遅い私である。
ということで、酔っ払ったは言い訳でタイピングが面倒くさい。だったらブログという文化的・技術的発信手段を使うなと言われるかもしれないが、私が芥川賞を取るまで待って頂きたい。

悪多側賞を取る自身ならある。

お休み、酔っ払い。

| 路地研 | 22:37 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |