RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

ライオン丸放浪記

熊本出身、京都で学生生活のち、2010年4月より東京へ乗り込んだ呑んべえの日記
初全額給料
 四月から社会人になった私にとって、先月の給料は半月分しか支払われなかったが、本日晴れて一ヶ月分の給料が支払われた。

ウキウキルンルン気分で帰社し降り立った中野駅、飲み屋街をうろうろするが、何故だか気分が乗らない。学生時代の10倍程の金額を手にしたにも関わらず。。(何も、ビンボーバイトをしていた訳ではない。私は学生時代立ち飲みバーで働いており、その店でほぼ毎日ツケで飲み続けていたためほとんどの給料をその店で還元していたのである。ときには、給料明細が「743円」のときがあった。「給料明細が間違って時給表記になっている!」と驚嘆したが、それはあくまで月給表記であり、自分の酒飲量にいささか驚いた。)

そこで、地元阿佐ヶ谷で気分入れ替えて飲み屋へ行こうと降り立ったにも関わらず気分が乗らない。
結局缶チューハイ片手に飲み屋街を一周し、いつものごとくSEIYUで食材を買い、自宅で肴を作りPCの前で飲んでいる。平日と全く変わらない。唯一変わった点といえば、普段は甲乙混和の麦焼酎しか飲まないのに、ご褒美に薩摩宝山を飲んでいる点だけである。

このウキウキ気分と停滞した気分の相互並存状態は一体何なのであろうか。
それは「さらなる貧乏性が断固とした存在を確立した」状態になったからであると思われる。

京都の学生時代も貧乏性であった私にとって金が無いときも、貧乏学生にやさしい百円バーや店頭価格で飲める角打ち飲み屋があった。ここ東京でも足を伸ばせばそのような店はある。

しかし、規則的な生活を得た私は規則的な生活をしないと罪悪感しか沸かないような脳みそになってしまった。
その規則的生活というのが、朝はトースト、昼は持参のおにぎり、夜はもやし等の自前のつまみプラス安酒という「断固たる貧乏性的生活」というものである。博打もやらないのにどうして金が無いのか記憶にない。。

ということで貧乏生活に慣れきってしまった私の元に、来月アルメニア人がしばらく住み込むことになた。紹介者いわく「貧乏なアルメニア人アーティストが今日本ににいるけど金がない。貧乏性のお前だったら、彼にとっては恰好の相手だからしばらく泊めてやってくれ。」とのこと。

来月が楽しみだ。
| 仕事 | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ゆで卵とホッピー
 ゆで卵が好きだ。抜群にガチガチに茹でたやつが。

一年ほど前から固ゆで卵を肴にする習慣が身についてきた。
トレンド、メディアに疎い私は(広告代理店に勤めているのでテレビを買おうか検討中)坂東英次が大の固ゆで卵好きとは露知らず、ある日彼が出ている番組で知ったのであった。

それまでは半熟卵や燻製卵が好きだったがいざ試してみると、これがうまい、病み付きになる。
今も食べている。

私は高校三年生の頃から尿酸値を抑える薬を飲んでいる。
尿酸を生成するプリン体は大抵美味しいものに含まれている。干物、魚卵、ホルモン、ビール、、、
しかし私は魚卵アレルギーであり、鶏卵に関してはプリン体が少ないらしい。
つまり私がどうしても卵を食べたいときには、鶏卵という選択肢しか残されていない。

神様は何たるアレルギー症状という至極の体質をを私に下さったのであろうか。
安っいただのゆで卵は私にとって最高の贅沢である。いくらや明太子はみるだけで吐き気がする。

またプリン体の多いビールは飲めない私にとって、東京のスーパーにはざらにあるホッピーは嬉しいものであった。プリン体ゼロ、低カロリー。今も飲んでいる。

週末恵比寿のエビスビール工場に行こうかと考えていた。しかし、我が心のホッピー工場見学に変更することにした。
| | 20:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
大丈夫…か?
 ブラックアウトこの言葉をご存知の方はいらっしゃるであろうか。
ブラックアウト=バタンキューである。いわゆる酒による陶酔のままつぶれることである。

私は学生生活において特に昨年の年末から今年の三月までブラックアウトしっぱなしであった。

昼酒は控えるとともに我慢できたものであるから、アルコール依存症ではない。…と言い切りたい。
がしかし、久しぶりに一日に二、三杯の酒量に減らしてみようかと試みたところ、突如私を不眠症が襲ったのである。

私は普通なら(酒を飲むコンディション万端、酒を恋焦がれるというモチベーション)ならば大抵芋焼酎を半升位呑む。弱いのか強いのかわからないが、とりあえずつぶれるまで呑む。

しかし、そこで二、三杯に押さえてベッドに向かうとどうしても眠れなかったり、悪夢を見たりする。
だから結局無駄な努力だと思いそのような微細な努力をいつもやめてしまう。

しかこのままだと本当にアルコール依存症になりかねない。ということでアルコール依存症と不眠症を調べてみると、、、
「飲み続ければ不眠を回避できるかという事になりますが、残念ながら耐性という現象が出現するかぎり、以前より飲酒量を増さなければ不眠が出現します。量を増やせばしばらくは眠れますが、耐性が出現して不眠が出現します。このように、アルコールの量を増やすと、不眠のイタチゴッコをずっと続けることは不可能となり、飲んでいてもいつも不眠症という事態がいつかは生じることになります」とか「薬物療法として、睡眠薬、精神安定薬、抗うつ薬を投与すると同時に、精神療法も重要になります」ということがざらに出てくる。
つまり私は精神化医療を受ける並にアルコールに依存しているらしい。。

ということで薬、精神医療以外で私を救う術を教えていただいた方には、心のそこからお詫び申し上げます。



| | 22:42 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
活動的!
 三週前から特攻隊長(トリッパーズ組員)と毎週末会っている、気持ち悪いくらい。
というのも、わずか三人のトリッパーズのうち、総秘書があるとき、「私ねえ、実は、、最近酒を受け付けなくなったの。」とまるで「私ね、恋人が出来たの」というような雰囲気を醸しながら暴露していただいたため、特攻隊長とのわずか二人での行動が常となったためである。

まあそれはいたしかたないとして本日はぶくろへ出張してきた。
本日のコースは「三平酒店」→「大都会」→「かぶらや一号店」→「ふくろ」という四店コースであった。
それぞれ千差万別の楽しみがあるため、ここには詳細を語れない。
とりあえず店員さんが可愛いのは「かぶらや」、べろべろになれるのは「ふくろ」、珍しい煮込みが食せるのは「三平酒店」。

ただ単にメモ帳変わりに記事を書いただけであるのであしからず。
| トリッパーズ | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
弁当男子でない、ただのビンボー男子
 入社して早1.5ヶ月。
初任給が入ったもののカードの高額請求。
さすがは日本の首都東京。神保町なり下町でむだに古本買いすぎる。
東京へ乗り込みテンション上がっての飲み歩きすぎ。

そんなこんなの理由で私は日々自炊している。もちろんお昼はお弁当持参。
夜はHUB(スポーツパブ)のハッピーアワーで一杯のみ(ジントニックジャンボサイズ260円!)。

この生活は私にとって学生時代を上回る倹約っぷりだ。
ここ三日で1000円程しか使っていない。
どうやら私が以前から実行してきた「万が一ホームレスになったときに備え、昼におにぎりのみ、夜はほんのわずかなアテのみ」という鍛錬による、胃袋収縮生活が功を奏しているようである。

まあ、一度お試しアレ。意外とすぐに効果が出ますから。

それは置いといて、冒頭のテーマにあるように「弁当男子」という言葉が嫌いだ。
今トレンドなワードであり、何となくこじゃれた感じがする。
メディアはいかなる事象もこうやって世論をあおりたて面白がる。

私のように自業自得な人間にとっては、ぶっちゃけ関係することではないが、純粋に親が病気であり、親父は家庭を見捨て、女に金を騙し取られ、軟弱な見てくれのため恐喝に会うような、純朴な少年。というような神様にも見放されたような彼にとっては甚だ不合理な言葉ではないだろうか。

まあ、ここまでの男は稀だとは思うが、少なくともこのメディアによる現象を抽象化して一部の人に不快感を与えるような表現は謹んで欲しい。
| 料理 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |